総合的な占いスキルを身につけよう

人生の全般的な運勢を占う「命」

占いには「命」「ト(ぼく)」(相」と呼ばれる種類があります。「命」は誕生日や生まれた時間・出身地などをもとにホロスコープを作成し、人生全般の運勢を占うことが可能です。主な占術には西洋占星術や四柱推命・インド占星術などがあり、西洋占星術の場合は個人毎にホロスコープを作成し、星の配置を見ていきます。

 

ホロスコープからその人の性格や才能などを知ることができ、占い師のスキル次第で過去のイベントや将来何が起こるのかを予想することができます。四柱推命の場合は命式と呼ばれるものをベースに人生の吉や凶の時期を読み取っていくことが可能です。

 

その時々の事象を占う「ト(ぼく)」

「ト(ぼく)」はその時々の事象や占いたいことに関して占う占術です。例えばタロットカードや易などが対象になります。タロットカードでは例えば付き合っている人の自分に対する気持ちや、付き合っている人との今後の展開などを占うことができます。

 

大アルカナカードと小アルカナカードを使って占っていき、特に女性に人気がある占術です。占い師のスキル次第でイベントのタイミングやタロットカードからのメッセージを深く読み取ることができるでしょう。易は陽と陰を組み合して占っていき、人生に対するアドバイス的なメッセージを得ることができます。

 

人相や手相などいろいろな「相」があります

「相」にはいろいろな占術があり、人相や手相・風水などが対象になります。手相は基本的に生命線や知能線、感情線や運命線などをもとに人生を占っていきます。手相はしばらくすると変わっていくので、自分の手で身近に体験することができるかもしれません。

 

手相をもとに人生におけるイベントを予測し、そのイベントの時期が西洋占星術士や四柱推命の命式と合致していれば、そのイベントが起こる可能性が高くなります。占い資格まとめサイトではいろいろな占術を学ぶことができるので、占い結果の整合性を図ることができるでしょう。

 

まとめ

人生全体の運勢を占いことができる西洋占星術や四柱推命、その時々の事象を占いことができるタロットカードや易など、この世にはさまざまな占術があります。手相や人相は数年経つと変化していくので、手相や人相の知識を自分で持っていると自身の変化を楽しむことができたり、風水を利用して運気をアップすることが可能です。

 

占い資格まとめサイトではさまざまな占いを学ぶことができます。占いの歴史は古く太古から存在すると言われており、常に身近な存在にありました。占いを学ぶことで、人生の不思議な仕組みを理解することができるかもしれません。

関連ページ

占い師になるための方法
占い師になるためには、必要な知識を身につけた上で会社の採用オーディションを受けて、合格しなければいけません。
ホロスコープ資格を取るには
ホロスコープは西洋占星術で代表的に用いられ、人が生まれた時に10個の惑星がどの位置に存在したかの運勢を占っていきます。
タロット占い資格を取るには
代表的な資格としては、日本メディカル心理セラピー協会が主催をするスピリチュアルタロット士と、日本インストラクター主催の占いインストラクターがあります。認定試験は同条件が掲げられており、受験資格指定なし、受講料10,000円、インターネット申込、在宅受験の内容になります。
手相占い師になるには
占いにはホロスコープを使用した西洋占星術やタロット占い、手相占いなどがありますが、これらの占い師になるための資格というのは特になく、それぞれの占いの教室や学校などの修了証書や免状などを持っていればなることができます。