手相占い師になるには

占いの種類と占い資格まとめ

占いにはホロスコープを使用した西洋占星術やタロット占い、手相占いなどがありますが、これらの占い師になるための資格というのは特になく、それぞれの占いの教室や学校などの修了証書や免状などを持っていればなることができます。

 

また、資格がなくても占い師になることはできますから、独学で学んだ人が占い師になることも可能です。ただ、占いというのは相談者の話を聞いて行うものですから、心理カウンセラーやセラピスト、パームリーディングアドバイザーなどの資格をもっていると、より有利に働くといえます。

 

パームリーディングアドバイザーとは

パームリーディングアドバイザーとは聞き慣れない言葉ですが、手相鑑定士ともいって、手相から宿命や性格、才能、行動パターンなどを読み解いて、運勢や仕事運、人間関係、結婚運などを導いていく手相占いを行うことができます。

 

手相は、線の深さや長さ、形状だけではなく、指の長さやほくろなども総合的に判断して占っていきます。手相鑑定士は、そうした知識や技術を身につけてアドバイスをすることができる資格です。ただ、占いとは人が迷っている時や、悩みを抱えているときに的確なアドバイスができるというのも資質として重要となりますから、人生経験や恋愛経験が豊富であることも必要です。

 

ホロスコープやタロット占い資格まとめ

占い師になる場合、資格は特に必要となりませんが、もちろんホロスコープやタロット占いを行うためには、それぞれの占いの知識を身につけることはもちろんのこと、相談者の悩みを受け止める心の強さと、人生経験や恋愛経験なども重要となります。

 

タロットでは恋愛や結婚などの相談者の身の回りの物事を占うことができ、一度リーディングのスキルを身につければ、自宅にいながらでも仕事をすることができます。占いによって悪い結果がでたとしても、未来を知ることで行動に気をつけることで、未来を好転させることは可能です。

 

まとめ

手相占いは、人目でその人の運勢を占うことができ、特別な道具も必要としませんから、占い師を目指す人も男女問わず多くいます。ほかの占いのように、生年月日や生まれた場所や時間などの情報も必要ありませんし、手の形状や線などを見るだけで占うことができるというメリットがあります。

 

通信講座や学校、プロの手相占い師への弟子入りという方法もありますが、特に資格は必要としませんから、誰でも占い師になることは可能です。ただ、ハードルは高くはありませんが、誰でも楽に儲かるものではありませんから、努力することが必要です。

関連ページ

占い師になるための方法
占い師になるためには、必要な知識を身につけた上で会社の採用オーディションを受けて、合格しなければいけません。
総合的な占いスキルを身につけよう
ホロスコープからその人の性格や才能などを知ることができ、占い師のスキル次第で過去のイベントや将来何が起こるのかを予想することができます。
ホロスコープ資格を取るには
ホロスコープは西洋占星術で代表的に用いられ、人が生まれた時に10個の惑星がどの位置に存在したかの運勢を占っていきます。
タロット占い資格を取るには
代表的な資格としては、日本メディカル心理セラピー協会が主催をするスピリチュアルタロット士と、日本インストラクター主催の占いインストラクターがあります。認定試験は同条件が掲げられており、受験資格指定なし、受講料10,000円、インターネット申込、在宅受験の内容になります。