ホロスコープ資格を取るには

ホロスコープの占いの特徴

ホロスコープ資格を取るには

ホロスコープは西洋占星術で代表的に用いられ、人が生まれた時に10個の惑星がどの位置に存在したかの運勢を占っていきます。相手との相性が合うかどうかでも活用でき、またタロットや手相占いにプラスして活用することにも優れています。

 

ホロスコープの占いには、惑星の位置を把握するためのチャートの作成がカギを握り、それで分析を行います。実際に占い資格まとめでもホロスコープ鑑定士という資格が存在し、それは通信講座などでも学習して取得することが可能な資格です。その資格を取得することで、自分のチャート分析スキルを他者に教えたりも出来る様になります。

 

手相やタロット以外にも活用できる

ホロスコープは西洋占星術の代表的な存在ですが、手相とタロットを併用していくことで精度を増したり、バラエティに富んだ占いを行えるメリットが生まれます。人間の運勢は天体の運行の影響を少なからず受けると意識されるためで、こうした天体の位置から運勢を把握することに意味を持たせるのが西洋占星術の基本です。

 

占い資格まとめでもホロスコープ鑑定士の資格は、通信講座でも扱われていることも多く、女性を中心に占い好きの方にも学習できる様になっています。基本から応用編まで段階的に学べることも優れています。

 

認定試験となっており難易度もあり

ホロコープインストラクターの資格は認定試験となっており、実際に試験を受けて取得を行うことが一般的です。日本インストラクター技術協会で取得を行うことができ、70%以上の評価を得ることがポイントで難易度もあり、興味を持ちながら勉強をし続けないと取得することは難しいのがポイントです。

 

人に教えたりアドバイスをする上では、様々な質問や妥当な問題解決に至ることが必要で、それがインストラクターであるため西洋占星術に適合した的を得た解答が求められます。人によっては難易度が高く感じられるケースもありますが、関心や興味があれば取得チャンスは豊富にあるのも特徴的です。

 

まとめ

西洋占星術のプロの占い師になる上では、ホロスコープの作成と分析は欠かすことができないスキルです。占い資格の中でも代表的なもので、タロットや手相の検定試験と同じくらい占い師には欲しい資格の一つになります。
特にホロスコープは通信講座でも占いに拘る若い女性に大変人気で、やはり自分や他者の将来を生年月日・出生時刻・出生地の情報だけで占うこともできるのは優れています。

 

つまり占いで根掘り葉掘り情報を得ない状態で最低限度の情報だけで占うことができるのは都合も良く、占い師の感情が入り込むこともなく、冷静な第三者的な占いが魅力的です。

 

関連ページ

占い師になるための方法
占い師になるためには、必要な知識を身につけた上で会社の採用オーディションを受けて、合格しなければいけません。
総合的な占いスキルを身につけよう
ホロスコープからその人の性格や才能などを知ることができ、占い師のスキル次第で過去のイベントや将来何が起こるのかを予想することができます。
タロット占い資格を取るには
代表的な資格としては、日本メディカル心理セラピー協会が主催をするスピリチュアルタロット士と、日本インストラクター主催の占いインストラクターがあります。認定試験は同条件が掲げられており、受験資格指定なし、受講料10,000円、インターネット申込、在宅受験の内容になります。
手相占い師になるには
占いにはホロスコープを使用した西洋占星術やタロット占い、手相占いなどがありますが、これらの占い師になるための資格というのは特になく、それぞれの占いの教室や学校などの修了証書や免状などを持っていればなることができます。